★復習編「家族と高齢社会の法 (17)」第14回【放送大学】

2022年1学期
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

スポンサーリンク

「 家族と高齢社会の法 (17) 」第14回

第14回は『高齢期の医療と法』です。

歳を重ねるほど、体のあちこちで不調を感じる可能性は高くなります。

そうなると必然的に、医療(病院)との関わりも増えてきて、経済的な負担も重くなりそうですね~。

今回は日本の医療費について、改めて考えてみたいと思います。

aki
aki

若いときは徹夜へっちゃら!だったのに、今では『徹夜絶対ムリ、とにかく寝たい。できればずっとゴロゴロしていたい』になってしまいましたw

ワンコ
ワンコ

夜更かしも楽しいけど、健康一番だワン!

家族と高齢社会の法(17)

コース科目:専門科目(社会と産業)  
主任講師名:川島 志保、関 ふ佐子

日本の「高額療養費」制度は素晴らしい

放送授業の冒頭は、医療保険についての説明でした。

日本は国民皆保険により、医療費の負担は低い割合ですむので、安心して病院にかかることができます。

『病院に行ったら、医療費が○百万円も請求された!』ということはまずないですよね。

海外の事情が気になって調べたところ、イギリスのように医療費の自己負担無しの国もあれば、アメリカのように公的な皆保険制度がなく、医療費が高額な国もありました。

ワンコ
ワンコ

日本の公的医療保険もかなり充実しているけれど、さらに手厚い国があるんだね~!

aki
aki

高額な国(都市)の例でいうと、、、
ニューヨークでは、盲腸で入院した場合152.2~440.9万円 もかかるそうです。ひぇえぇ〜^^;

※参考「日本医師会/日本と諸外国の医療水準と医療費


日本では「高額療養費制度」があるので、どんなに医療費がかかったとしても、1ヶ月のうちで実際に支払う額は、自己負担限度額を超えることはありません。

◆高額療養費制度とは?
医療機関や薬局の窓口で支払う医療費の自己負担額が1か月(1日から末日まで)で一定の金額(自己負担限度額)を超えた場合、「高額療養費制度」によって限度額を超えた金額分が払い戻される制度です。(自己負担限度額は、年齢や所得に応じて定められています)
参考URL:厚生労働省「高額療養費制度を利用される皆さまへ」


仮に医療費が100万円かかっても、自己負担限度額をこえた金額は、申請すれば後から戻ってきます。

※事前に申請すれば、窓口での支払いは自己負担限度額までにすることもできます。

高額療養費制度があるので、自己負担限度額以上はかかりません♪

自己負担限度額は年齢や収入により変わりますが、ほとんどの方は自己負担額が月に10万円以上かかることはないと思います。

このように日本では公的医療保険が充実しているからこそ民間の医療保険への加入は、最低限でよいのでは?と個人的には感じています。

医療費は生活防衛資金で備えたい

少しずつ制度は変わっていくとしても、日本人は現時点で世界最強クラスの公的保険(国民健康保険or健康保険組合等の保険)に加入しているんですよね。


その上に、高額な民間の医療保険にいくつも加入するのは、ちょっともったいないかもしれませんネ。

ちなみに、我が家で加入している医療保険は都道府県民共済だけです。


しかも毎年の割戻し率が約30~40%ほどあるので、保険料の実質負担は夫婦二人で毎月3千円代ですんでいます(^^)

以前は大手保険会社のがん保険に入っていたこともありますが、たとえがんになったとしても高額療養費制度があるので、生活が破綻するほどの医療費がかかることはまず考えられません。

『自己負担限度額さえ払えるか心配、、』という場合もあると思いますが、大切なのはまず生活防衛資金を貯めること。

「生活防衛資金」とは?

生活防衛資金とは、病気やケガなど万が一の出費に備えるための資金のこと。当面の生活資金として生活費の3ヶ月~1年分を用意しておくと安心です。

ワンコ
ワンコ

生活防衛資金はいくらあればいいのかな?

aki
aki

最低でも生活費の3ヶ月分はあるといいね。我が家では、生活費の1年分を用意したよ!


ある程度生活防衛資金がたまったら不要な保険を解約して、浮いたぶんを投資に回して運用すれば、その運用益をいざというときに使うことができます。

お金の不安はお金を払って解消するのではなく、今ある無駄を省いた上で、お金を増やすことで解消したほうが、経済的にも精神衛生的にも良いと思うんです(^o^)

同意を得ない医療行為は違法!?

医療行為についての説明の中で驚いたことがあるのですが、

「医療行為は患者の同意を得ることが必要で、同意を得ない医療行為は違法性があるとされるそうです。


特に医師から説明もなく、同意していない治療をされたことが度々ありましたが、医療行為としては違法性があるのですね(・・;


もちろん患者側からも、積極的に疑問点を確認することも大切ですが、患者という弱い立場だと、先生によっては聞きにくい雰囲気だったり、聞く隙がない、、、ということもありますよね。

できることとしては、なるべくきちんとインフォームドコンセントを実施してくれる病院を探して、積極的にそういった病院を利用することくらいでしょうか。

私の住んでいるところは病院の数自体が少なく、なかなか理想に近い病院と出会えていないのが実情ですが、諦めずに良い病院探しを続けたいと思います!

ワンコ
ワンコ

病院選びって難しいワンね~

aki
aki

急病時に慌てないために、病院のリストを事前に用意しておくといいかも!

created by Rinker
¥2,640 (2024/04/13 05:04:53時点 楽天市場調べ-詳細)

第14回のまとめ

  • 日本では「高額療養費制度」により、1ヶ月で実際に支払う医療費は<自己負担限度額>を超えることはない
  • 万が一の出費に備えるための生活防衛資金を貯めておこう
  • 患者の同意を得ない医療行為は、違法性があるとされている

復習の進捗状況(2022/4/3時点)

2022/4/3時点の進捗状況

  • <放送大学>
    1科目(2単位)11,000円から学べる
  • インターネットからも出願できます☆
  • まずは無料の資料請求がおすすめ♪
一緒に学士の学位取得を目指しませんか♪


コメント

タイトルとURLをコピーしました