【ゆるく働いて自由に生きよう】ゆるFIRE<BOOK>

BOOK
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
スポンサーリンク

ゆるFIRE/【著】ちーさん

ブログやyoutubeでも活動されている、アラサーdeリタイア管理人ちーさんの本「ゆるFIRE 億万長者になりたいわけじゃない私たちの投資生活」をご紹介します。

FIREとは?

ここ数年、注目を浴びているFIRE

FIREとは、簡単に言うと「経済的自立を達成し、早期退職をして自由に生きる ことです。

芸人の厚切りジェイソンさんが、30代早々にFIREしていたことも話題になりました。

10年前まではFIREという言葉自体、あまり目にする機会がありませんでした。

定年まで勤め上げるのが当然という既存の価値観を覆し、新たな生き方があることを提示してくれたのがFIREです。

ワンコ
ワンコ

決して仕事が嫌いなわけではなくて、職場でのしがらみや人間関係から解放されたい人が多いんだろうなぁ、、w

aki
aki

わかります、わかります(゚∀゚)。_。)

やっぱり人生において、自由が一番です。

  • 仕事をするもよし、しないもよし
  • 貴重な時間を何に捧げるかは、全部自分で決めたい
  • 会社員あるあるの謎ルールや不条理さとは無縁の世界に行きたいっ
  • 好きなことに没頭したり、ゆったりした時間の中で家族との時間を楽しく過ごしたい

そんな生活を実現するためには、経済的自由を達成する必要があります。

言い換えれば、経済的自由さえ達成すれば、FIREできるということ。

働かなくても生活ができるのなら、それに越したことはないと思うのです。

もちろん、経済的自由を達成した上で働くことも自由です(^^)

経済的自由を達成することの一番の意義は、自分の時間の使い方を自分で決められることだと思います。

FIREの民に、わたしもなりたい。

遅まきながら、最近になって私もFIREへの憧れが出てきました。

そんなFIREに憧れる民の一人として、ちーさんの「ゆるFIRE」を読んで勉強させてもらいました!

FIRE界隈?では、「4%ルール」が有名です。

4%ルールとは「年間支出の25倍の資産があれば、年利4%の運用益で生活費をまかなえる」という考え方です。

『資産運用で毎年4%以上の運用益が出ていれば、毎年4%分取り崩しても資産が減ることなく、ずっと運用益だけで暮らしていけるよ☆』という素晴らしいシステムです。

大体、インデックス投資の運用益の目安としては年平均5〜7%と言われていますので、場合によっては資産元本を維持するだけではなく、さらに元本を増やし続けることも可能です。

ワンコ
ワンコ

資産運用(複利)の力ってすごいんだね~☆

複利は、あのアインシュタインが「人類最大の発明」「宇宙で最も偉大な力」と呼んだほどすごいパワーを秘めています。

aki
aki

宇宙一!そのパワーはぜひ活用したいですね

ゆるFIREの民でもいいから、わたしはなりたい。

FIREに必要な資産を築くのには、資産運用(ちーさんは投資信託をおすすめされています)は必須です。


ただ、株はリスク資産である以上、暴落する期間があるのは避けられません(このリスクがあるからこそ、利益を得られる側面もありますが)

暴落を見越すと4%というのは少し楽観的な数字でもあるので、著者のちーさんは「2.5%ルール」のゆるFIRE生活をオススメされています。

ゆるFIREとは年間生活費の20倍を貯めて、生活費の半分を資産の運用益(2.5%)から出し、残りの半分を労働収入でまかなおうという考え方です。

資産元本から2.5%の取り崩しなら、仮に資産が半分に暴落したときでも、資産の大きな目減りを防ぎつつ、なんとか持ちこたえることができそうです。

ワンコ
ワンコ

ゆるく働きつつ、自由な時間もたくさん確保できるんだね~!

aki
aki

労働を続けるゆるFIREにすることで、不況時に資産が減ったときでも労働収入によって精神的な安定を確保できるし、生活が立て直しやすくなるんだね

完全FIREはハードルが高くても、ゆるFIREなら現実的に不可能ではないかも?と思わせてくれますね。

もちろん、年間支出の20倍を貯めるのは、ある程度の年数はかかります。

それでも資産を増やしていく過程で老後の経済的不安は確実に減っていきますし、何より日常的に精神的安定が増すと思います。

手元に余裕資産が0円の状況と資産が数百万、数千万円あるのでは、精神的余裕が違ってくるのは明白だと思います。

きつい仕事をしているときでも、『資産があるから、いつでも辞められる』と思えれば、心がだいぶ楽になるはず♪

経済的な余裕があることで週5日労働が、週4日労働でよくなるかもしれません。1日8時間労働から1日4時間労働でよくなるかもしれません。

ゆるFIREを目指していくことで、確実に自由へ近づきます。

そうして、自分が好きに使える時間を増やしていけたらと思うと、ワクワクしませんか?(^o^)

FIRE or ゆるFIREするのに、いくら必要?

4%ルールの場合と、ゆるFIREの2.5%ルールの場合でそれぞれ必要な資産額を計算してみました。

4%ルールの場合

必要な資産元本→年間生活費の25倍

●年間生活費が300万円の場合
年間生活費300万円✕25倍=70,000,000円

●年間生活費が240万円の場合
年間生活費240万円✕25倍=60,000,000円

2.5%ルール(ゆるFIRE)の場合

必要な資産元本→年間生活費の20倍
☆生活費の半分を運用益から2.5%取り崩してまかない、残り半分を労働収入から得る

●年間生活費が300万円の場合
労働収入から150万円、運用益から150万円
年間生活費300万円✕20倍=60,000,000円

●年間生活費が240万円の場合
労働収入から120万円、運用益から120万円
年間生活費240万円✕20倍=48,000,000円

2.5%ルール(ゆるFIRE)でも、4%ルールのどちらにしても5,000万円以上は欲しいところです。

もちろん、生活費が少なければ必要な元本も少なくてすむので、不要な出費は抑えて、たとえ収入が増えても生活費を上げない努力も必要です。

正直なところ、わたしはすでに40代なのでかなりの入金力を維持していかないと、定年前のFIREは無理かもしれません。

10年後は無理でも、定年より少しでも早いタイミングの18~20年後以内にはFIREできればいいな~と考えています。

定年ギリギリの年齢にはなってしまいますが、それでも、1年でも2年でも早く自由を達成できるならそれに越したことはないと思っています。

少しでも資産を増やすために、投資への入金をコツコツ頑張ります(^_^;)

年間の生活費を把握しよう

FIREを目指したい場合にまず大事なのは、年間の生活費を把握することだと思います。

どれぐらい生活費がかかっているのか?の目安がないと、ゆるFIREでも完全FIREでも、資産をいくら準備すればいいのか分からないですもんね。


生活費を把握していないままにFIRE生活を始めてしまうと、予定が狂ってしまって思い描いていた生活と違う~!ということになりかねません。

我が家はだいたい年間300万円前後です。もっと少ない生活費でも心豊かに暮らしていけるよう、工夫していきたいと思います♪

年間の生活費がわからないという方は、まずは家計簿をつけて、年間の生活費を把握することから始めましょう♪

私は家計簿アプリの「マネーフォワードME」を使っています。

銀行やクレジットカードを登録すれば自動で反映&集計してくれるので、本当に楽ちんです。


無料版でも充分使えるのでオススメです♪

  • おすすめ家計簿アプリ

created by Rinker
¥1,650 (2024/04/13 10:28:23時点 楽天市場調べ-詳細)

参考リンク


コメント

タイトルとURLをコピーしました